耐震診断

鉄筋コンクリート造・鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造・混構造・木造など、建物の種別は問いません。
耐震診断を検討されている方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
担当者が伺い、分かりやすい資料でご説明させていただきます。

耐震診断について

耐震診断とは?

耐震診断とは?

耐震診断とは既存の建築物の構造強度を調べて、想定される地震に対する耐震性、受ける被害の程度、大きさを判断することで、地震による建物の倒壊を未然に防ぐため、その恐れの有無を把握する目的で行われます。

RC造の耐震診断の方法には、以下の3種類があります。

・一次診断………
柱や壁の量から略算される建物の強度を基準に診断します。
・二次診断………
柱と壁の強度とじん性を考慮して耐震性能を算出する診断方法です。5階建て以下の比較的整形な建物で使用されます。
・三次診断………
柱・壁に加えて梁の受けるダメージも考慮し、建物の保有水平耐力を求めるより厳密な方法です。
高さ45m迄のビル・マンションのような形状、5 階建て以下でも特殊な形状などで使用されます。

耐震診断の結果によっては、耐震改修が必要になってきます。

耐震診断をお薦めする建物とは?

・昭和45年~55年以前の比較的古い建物

・老朽化が著しい建物

・バランスの悪い建物
(ピロティーがある建物、大きな吹き抜けがある建物、
 混構造、など)

・大勢の人が利用する建物(デーパートなどの商業施設、など)

・災害時の避難場所等(教育施設、医療施設、など)

・地形・地盤の悪い場所に建てられた建物

・増改築時

耐震診断の流れ

現地調査

診断計算に先立ち、現地での目視等による建物の劣化度の調査や、構造部材の把握の為の調査を行います。

調査内容

  • ・建物の概要(予備調査)
  • ・コンクリート強度
  • ・鉄筋・鉄骨の強度
  • ・躯体寸法
  • ・コンクリートの中性化
  • ・地盤
  • ・建物の変形
  • ・鉄筋・鉄骨の腐食
  • ・基礎
  • ・ひびわれ
  • ・配筋

補助金制度について

補助金制度を利用するには事前に自治体の窓口に相談する必要があり、対象となる建物や金額などはそれぞれの自治体によって異なります。
各行政における耐震診断や改修工事に対する補助金制度につきましては弊社でもお調べ致しますので、耐震診断の実施をお考えの方は一度お問い合せ下さい。

補助金を利用した耐震診断の実施も行っております。

・特定緊急輸送道路沿道の建築物への補助金を利用した耐震診断
特定緊急輸送道路沿道に建物を所有されるビル・マンションのオーナー様や、管理組合様のために助成金の申請や耐震診断の申し込みなど、ご協力させて頂きながら耐震診断をさせて頂きます。
・耐震診断費用の補助金
全国の殆どの自治体で耐震診断や補強設計、耐震改修工事を実施する際の補助金制度が実施されています。条件は各自治体や年度ごと、また建物の規模などにもよって異なります。
・耐震改修費用の補助金
耐震診断の補助金制度と共に、認定を受けた建築物の耐震改修工事費用の補助が受けらる制度もあり、地方自治体によって様々な規定や条件が定められています。
・税制
耐震改修促進法において規定されている事務所・百貨店・ホテル・賃貸住宅などの耐震改修工事を行った場合、税制上の特典が受けられる制度もあります。

耐震改修促進法

耐震改修促進法(建築物の耐震改修の促進に関する法律)は、阪神大震災を受けて、1995年12月25日より施行された法律です。
この法律では既存の建物のうち、特に多数のものが利用する一定規模以上の建物を「特定建築物」とし、その所有者は、建築物が現行の耐震基準と同等以上の耐震性能を確保するよう耐震診断や耐震改修に努めることが求められています。
また、耐震改修計画が同法に適合しているかどうかの認定を受けると、耐震改修に関する一定の規制緩和や公的融資の優遇などを受けられるなどの緩和措置等も規定されています。

※促進法の対象建物について、1981年以前の「旧耐震基準」が主な対象となります。

耐震診断の費用について

・RC造(鉄筋コンクリート造)やS造(鉄骨造)
一般図や構造図の有る場合で、1,500円/㎡~2,000 円/㎡です。
述床面積が1,000㎡以上の場合で現地調査費用・耐震診断・補強案の提案まで含みます。述床面積が1,000㎡未満の場合は、概ね2,000円/㎡以上になります。
・S造(鉄骨造)
一般図や構造図面がある場合で、1,700円/㎡~2,400円/㎡です。
述床面積が1,000㎡以上の場合で現地調査費用・耐震診断・補強案の提案まで含みます。述床面積が1,000㎡未満の場合は、概ね3,000円/㎡以上になります。
・木造住宅
建築当時の設計図の有無や建物の形状または築年数により異なりますが、概ね15万円/棟~25万円/棟です。
建築当時の設計図がない場合や、建物の大きさや形状 などによって変わって参ります。

標準的な費用になります。一般図や構造図が無い場合はそれらの図面を復元する必要がありますので、現地調査項目が多くなり、図面作成も必要となりますので、上記の㎡単価を上回ります。

詳しくはお問合せフォーム、またはお電話にてお問合せください

Is 値について

建物の耐震性能を表す指標を Is 値(Seismic Index of Structure)といいます。
その値が大きいほど耐震性が高く、過去の震害例との関係から目標性能を定めています。(地震力に対する建物の強度、変形能力、粘り強さを考慮し、建築物の階ごとに算出します。)
「建築物の耐震改修の促進に関する法律」により、震度6~7程度の規模の地震にたいする Is 値の評価は右記の様に定められています。

Is 値の評価

・0.6以上 倒壊、又は崩壊する危険性が低い
・0.3以上 0.6未満 倒壊、又は崩壊する危険性がある
・0.3未満 倒壊、又は崩壊する危険性が高い

耐震性能を診断する方法

耐震性能の判定式は、以下の式により求められます。

<構造耐震判定指標>

Iso = Es×Z×G×U

Es: 耐震判定基本指標
  • ・第1次診断用(Es = 0.8)
  • ・第2次診断用(Es = 0.6)
  • ・第3次診断用(Es = 0.6)

Z:地域指標

G:地盤指標

U:用途指標

<構造耐震指標>

Is = Eo×SD×T

Eo: 保有性能基本指標(建物が保有している基本的な耐震性能を表す指標)

Is 値を求めるにあたって最も重要な指標
= C (強度の指標) × F (粘り強さの指標)

SD: 形状指標(平面・立面形状の非整形性を考慮する指標)
1.0 を基準として、建物形状や耐震壁の配置バランスが悪いほど
数値が小さくなる
T : 経年指標(経年劣化を考慮する指標)

以上のことより、建物の強度が低い、粘り強さが弱い、建物形状やバランスが悪い、建物の劣化が激しいなどの場合、耐震性能が低いと言えます。Is値は耐震診断を行うことで求められます。診断の目的や、対象建物の構造特性に応じて、適用する診断レベルを選択しますが、「強度」「粘り」を求めることはどの診断レベルにおいても共通しています。